「半身おもちゃ-身動きの取れない女の子を弄んで31話- 紗弥さん 後編」ネタバレ、無料お試し読み情報

こんにちは。

 

エロまんが大好きフェラ好き男です。

 

作者はエロ漫画作家さいこ先生です。

 

友達の姉貴に魅了を感じた時ありませんか?

 

特に高校生の時、仲間のお姉さんを見たらエロっぽくやりてぇと思った事ありませんか?

 

男だったらあるはず。

 

友達で女姉弟がいない人は憧れだよね。

 

あわよくばお姉さんに童貞奪われたいとおもうよね(笑)

 

ここから無料お試し読みができます。

↓  ↓  ↓  ↓

「半身おもちゃ」をコピペして検索して下さい。

紗弥さんお姉さんのおまんこは温かい。

 

おまんこを触った手を嗅ぐ男子高校生

 

当たり前の行動である。

 

ちょっとおしっこ臭いおまんこ

 

でも、高校生にとってはいい匂いである。

 

例え、おまんこがチーズ臭してもそれもいい匂いに感じる。

 

手を嗅ぎながら勃起したちんこを握る男子高校生。

 

ここまできたら、当然セックスがしたくなる。

 

目の前に無防備な女性が居るのに、やらない訳はない。

 

男子高校生は理性と戦っているが、あのおまんこの感触と匂いでもう80%はやる決意でいた。

 

 

 

「半身おもちゃ」をコピペして検索して下さい。

 

ホットパンツのボタンを外し、ゆっくりとホットパンツを脱がしていく。

 

固唾を飲んでホットパンツを脱がす。

 

心臓の鼓動が高まる男子高校生。

 

もう、後戻りできない。

 

パンティーをも脱がして、 紗弥さんの両足を広げる。

 

そこには、初めてみたおまんこが目の前に・・・

 

「これがおまんこだ!」

 

指で縦割れのおまんこを広げると

 

「ニュチャッ・・・」

 

そこに指を入れると温かい。

 

寝ているのに何か湿っている感じがする。

 

恐る恐るおまんこの中に指を・・・

 

温かい

 

早くそのおまんこに勃起したちんこを挿れたい思いが先走る。

 

そして、 紗弥さんのおまんこに挿入した。

 

おまんこの中は温かい。

 

それに何だか吸い付くような感じである。

 

凄く気持ちがいい。

 

この世で一番の快楽だ。

 

寝ている 紗弥さんを犯す男子高校生。

 

突いても、突いても、起きない 紗弥さん

 

そして、足を持ち上げもっとおまんこの奥に挿れてピストン運動をする。

 

すると、頭の芯が真っ白になる位何かちんこから脈を打って放出する精子

 

中出しである。

 

おまんこからでる精子がイヤラシイ。

 

パンティーを穿かせ、ホットパンツを穿かせ

 

何事もなかったかのようにして、 紗弥さんの部屋を去っていく男子高校生。

 

 

 

エロっぽい 紗弥さんの表情が抜けます。

ここから無料お試し読みができます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「半身おもちゃ」をコピペして検索して下さい。

1話¥64で安くてスッキリできます。